どうしても二重になりたい!なんでなかなか二重まぶたになれないの?

どうしても二重になりたいからアイプチやテープでクセ付けしているけど・・・

 

全く二重になる気配がない!マッサージもまぶたが伸びた感じがするだけだし・・・

 

もっと簡単に二重まぶたになれないかな・・・

 

と思っていませんか?

 

二重まぶたになるために情報って色々あって迷ってしまいますよね。

 

自分でできる事の代表はマッサージやなぞり、二重コスメでのクセ付けですね。

 

でもなぜか二重になれない・・・

まぶたが折りこめているかどうか

私の家族は全員奥二重、どちらかというと腫れぼったい・・・

 

私もかつては、とっても腫れぼったい奥二重でした。

 

でも、今ではしっかり二重になっています。

 

最近家族のまぶたと私のまぶたの動きを見ていて判ったのですが、まぶたの折込み方が全く違うことが判りました。

 

これは一重と二重の違いにも共通すると思って、さらに観察を続けて判ったことがあります。

 

それはやはり、まぶたが折り込めているか折り込めていないかなんですね。

 

二重まぶたの人は目を開けるとまぶたが自然と折れ込んでいくんでよね。

 

でも、一重の人は目を開けてもまぶたが折り込めず、目を開けただけという感じになります。

二重まぶたになれない理由は

世間では遺伝なのでまぶたの形を変えることは無理だという人もいますが、私はある程度の人はクセ付けでなれるんじゃないかと思っています。

 

自分も後天的に二重になっていますので。

 

二重まぶたになれない要因はまぶたの中にはまぶたを開ける「腱」があるのですがその「腱」は1本のまっすぐまぶたの下まで伸びる線ではなく、根っこみたいに枝分かれしています。

 

2本とかではなくて・・・

 

また、その腱の周りには筋肉があります。

 

筋肉と他の組織は完全に別ではなくて癒着していますよね。

 

なので、その腱の枝分かれした先とまぶたの表面が近くなれば、目を開けたときに腱が目の奥に向かって引き上げられるのと一緒に引き上げられ二重になれるのでないかと。

 

ですので、まぶたの厚い人などは目を開けてもまぶたが引き込まれず開けただけにっていますよね。

 

また、一重の人が目を開けるのと二重の人が目を開けるのと開き幅が違いますよね。

 

俗に言う、パッチリ、クッキリとかです。

 

なので、一重の人はまぶたが折り込まれない分、目をふさいでいることになります。

二重まぶたに自力でなるには

まぶたの脂肪を減らしてスッキリさせ、まぶたが折り込めるだけのゆとりを作って、折込グセを付けて形状記憶すれば二重になれるのではないかと考えています。

 

実際に私が二重になれたのもこの原理だと思います。

 

なので、やはりまぶたをスッキリさせてまぶたを折り込んでラインを作って止める「埋没法」と同じ状況を自分で作ったら二重になれるのでは。

 

ただ、アイプチなどのメイク用のコスメでは、まぶたのかぶれや腫れの原因になりますので逆効果です。

 

まぶたを折り込んでしっかり固定する場合は癖付け専用の「夜用アイプチ」がおすすめです。

 

マッサージやアイプチで固定して二重になる努力してるのに、なかなか二重になれていないなら、癖付け専用の夜用アイプチを使って癖を付けてみてください。

 

メイク用のアイプより値段は高めですが、もしかすると、今まで努力してきたことが「何だったの?」と思えるくらい簡単に二重の癖がつくかもしれませんね。

 

人気の夜用アイプチはこちら↓

夜用アイプチランキング♪早く癖がつくと大人気なのはどれ?
1日でも早く理想の本物二重になりたい! 自力二重の決定版ともいわれる夜用アイプチは、自力で二重を目指す方にとって必需品...