思ったより簡単!1日でも早く確実に自力で二重まぶたになる方法

 

毎日アイプチで二重を作るのは嫌!

 

本物みたいに作らないでいい二重になりたい!

 

そう思った瞬間から、1日でも早く二重になりたい!

 

できれば確実に・・・しかも簡単に・・・と思いますよね。

 

その気持ちよく分かります。

 

私も早く二重になりたくて必死で努力しましたから^^

 

欲ばりなもんですから、出来れば自力で確実に1日でも早く二重になりたかったものです。

 

自力で二重にする方法はいろいろあるけど・・・

 

二重にする方法は、ネットで検索しても山ほどありますよね。

 

マッサージ、なぞり、コスメ・・・などなどでも、どの方法にも共通するのが継続です。

 

自力で二重になる方法としては、「マッサージ(二重マッサージ)」「なぞり(爪楊枝やヘアピン、爪など)」「わざと切る(傷つける)」などの方法もあるようですが、まぶたに負担が大きいためやめておいた方が良いです。

 

「マッサージ(二重マッサージ)」「なぞり(爪楊枝やヘアピン、爪など)」

 

「マッサージ(二重マッサージ)」「なぞり(爪楊枝やヘアピン、爪など)」は、皮膚を伸ばしたり擦ったりする方法なので、やり方によってはまぶたが伸びてしまいます。

 

まぶたに負担が大きいと皮膚が伸びてたるんでくる場合もありますし、この方法だと思った場所にラインを作りづらいので、きれいな二重になれるとは限りません。

 

また、まぶたが伸びすぎて三重まぶたになってしまったり、二重になれないまぶたになることもあります。

 

まぶたの皮膚はとても薄く弱いので、伸びてしまうと元に戻りずらくなるので注意が必要です。

 

そうなってしまった場合は二重をあきらめるしか、手術で治すかなくなりますが不自然なまぶたになってしまう場合も。

 

気を付けたいですね。

 

 

「わざと切る(傷つける)」

カッター

 

美容整形の二重術の真似でカッターでまぶたに傷をつけて二重にする方法などども書き込みで見かけましたが、とても危険なのでやめておいた方が良いのは説明しなくても分かっているかとは思います。

 

皮膚に傷をつけると元に戻らないはもとより、まぶたの薄い皮膚には薄くて細い神経や筋肉、血管などが沢山通っています。

 

素人が適当にまぶたの皮膚を切ると、筋肉や神経も傷つけ正常に機能しなくなる可能性もあります。

 

危ないので止めておいた良いのは、想像すればお分かりになりますよね。

 

二重になりたいがためにやったことが取り返しのつかないことになるかも。

 

きれいな二重を手に入れるためにも、いつまでも綺麗でいるためにも、危ない方法は辞めてくださいね。

 

簡単で確実に1日でも早く自力で二重まぶたになるには

 

そもそも自力で二重まぶたになるには、「二重になりやすいまぶたにする事」と「二重ラインの癖付け」をすれば二重になれます。

 

ですので、まぶたを整えながら癖付けすると良いんですね。

 

でも、どうやって?

 

難しいんじゃぁ・・・

 

と思われるかもしれませんが、「夜用アイプチ」を使うだけで「まぶたを整える事」と「二重ラインの癖付け」がいっぺんにできるので思ったより簡単にできます。

 

夜用アイプチには、「二重になりやすいまぶたに整える成分」と「二重ラインの癖付けができる接着力」があるので二重になりやすいんです。

 

しかも早い人では翌日から癖がつき始める人もいます。

 

また、「寝ている間にするのでバレない」ことや、昼間二重を作っている人でも「二重つくりにも使える」のでとても便利。

 

「二重を作って寝るだけで簡単」「寝ている間なので誰にもバレない」「早く癖がつくので嬉しい」「メイクにも使えて便利」などから、自力で二重になりたい人に人気があります。

 

1日でも早く確実に自力で二重まぶたになりたいと思っているなら試してみてくださいね。

 

1日でも早く確実に二重の癖付けができると評判の夜用アイプチはこちら>>

 

ランキングはこちら↓

夜用アイプチランキング♪早く癖がつくと大人気なのはどれ?
1日でも早く理想の本物二重になりたい! 自力二重の決定版ともいわれる夜用アイプチは、自力で二重を目指す方にとって必需品...