まぶたの脂肪吸引って効果ある?二重になれる? | 二重まぶた

まぶたの脂肪吸引って効果ある?二重になれる?

まぶたに脂肪が多いと目が腫れぼったく、二重になりずらいと感じているなら脂肪吸引の効果について興味があるのではないかと思います。

ただ、私が思うに、まぶたの脂肪って年とともに自然に減るので若いうちにとってしまうと、早く目がくぼんで逆に困るんじゃないかと思うんですが・・・

※実際私はまぶたが老化でくぼんでいます。

どうなんでしょう?って思ったので、まぶたの脂肪吸引について調べてみました。

まぶたの脂肪吸引の事実

まぶたには、まぶたの奥にある「眼窩脂肪」と言う脂肪と表面にある「ROOF」とう脂肪の2種類があるようです。

「眼窩脂肪(がんかしぼう)」

一般的に脂肪吸引で取るのは、このうちの「眼窩脂肪」と言う脂肪だそうです。

この脂肪を取ると効果があると思われる人は、うんとまぶたが腫れぼったく、目を開けても脂肪が邪魔して開けずらいほどの人だそうです。

それは、「眼窩脂肪」が奥にある脂肪なので吸引しても見た目にあまり変化が無いと言うのです。

いわゆる「失敗」です。

この手術は埋没法と一緒に進められるケースが多いようで費用は埋没法プラス5、6万円だそう。

もし、進められるようなら本当に効果があるのか問い詰める必要があるのと、信頼できる医師なのかが重要になりそうですね。

「ROOF(ルーフ)

見た目をスッキリさせたいなら「ROOF」という表面にある脂肪を取るとすっきりする効果があるようです。

ただ、この脂肪は、小さな穴から取れないので吸引はできず、切開での手術になるそうです。

今は良くても将来のリスクがある

まぶたの脂肪を取りすぎると、早く皮膚がたるんだり老化で自然にまぶたがくぼむより、早くまぶたがくぼみ始めるかも知れないリスクもあるそうです。

まぶたのくぼみは疲れて見えたり老けて見られるのでそれはそれで悩みになります。

また、取ってなくなってしまっていたら改善のしようも無いので今度は注入する手術を受ける事になりかねませんよね。

体質にもよるとは思いますが、腫れぼったいまぶたでも私みたいに早くから自然にくぼむ人もいますので、まぶたの脂肪吸引は、よく考えてしないと数年後に後悔しそうです。

まぶたの脂肪が多いと二重になれない?

まぶたの脂肪が多いと二重になれないと言われていますね。

多いより少ない方が二重になりやすいのはあるとは思いますが、私はなれましたので、なれる可能性はあると思います。

※一概には言えませんが

整形手術は、お金さえだせば簡単に体を切り刻んで理想の形にはしてくれるかもしれませんが、その分リスクも伴います。

手術を考えているなら、全国展開で症例の多い美容整形外科でカウンセリングを受けてみてるの参考になります。

ちなみに全国展開で実績がい一番あるのは「湘南美容外科」です。

腫れぼったいまぶたが気になるようなら

まぶたに脂肪が多いということは、老廃物や余分な水分が溜まりやすくなっている可能性が充分あります。

まぶたに脂肪が溜まっているのは遺伝や体質もあるかもしれませんが食生活や生活習慣の乱れから、老廃物や余分な水分が溜まって脂肪細胞が大きくなっている場合もあります。

まずは、血液の流れが良くなるように血流が良くなるとリンパの流れが良くなって老廃物や余分な水分が出て行く規則正しい生活やバランスの取れた食事を心がけたり目の周りの血流が良くなるように、温冷パックやツボ押しなどもしてみてください。

すぐに、まぶたがスッキリはしないかもしれませんが徐々に目がパッチリとしてくると思います。

まぶたの脂肪吸引の効果については以上ですが、焦って決断しないほうが良いかもしれませんね。

このカテゴリーには自分でまぶたの脂肪を減らす方法も紹介していますので、スッキリはするとおもうので試してみて下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする