二重の癖付けに最適な位置ってある?

二重の癖付け

二重の癖付けをしたいけど、一番最適な位置にしないと癖がつきにくいみたい・・・癖が付き易い位置はどこ?

 

自分に合った位置を見つけるのも早くてきれいな二重の癖を付けるコツですよね。

 

人それぞれ元々の目(まぶた)の形によりますが、二重の癖付けに最適な位置はありますので、ここでいくつか紹介したいと思います。

一重の場合

 

完全な一重なら線がないので、逆に思ったところに癖がつきやすいと考えられますね。

 

眉間にしわを寄せて、目を開いた状態で、少しくぼむところがあると思います。

 

そのあたりが癖のつきやすい箇所かと思います。

 

あまりよくばって幅広にせず、最初は奥二重くらいの癖付けをおすすめします。

 

プッシャーでおさえた時に、パッチリになるポイントがあると思います。

 

何度も練習して、自分の目に合ったポイントを探すのが一番ですが幅を欲張って癖付けしないように気を付けてくださいね。

 

欲張ると、はじかれて癖付けがなかなかできない場合やデザインミスではないですけど幅が広すぎて変な目元になってしまう可能性もあります。

 

癖が付き始めたら徐々に広げればいいので最初は狭くして癖付けてみてください。

 

夜用アイプチを使うと簡単に形は変えられますので、無理は禁物ですね。

奥二重の場合

奥二重の方でも、幅が狭くて一重のように見えたり、まぶたの肉が分厚くて目が小さく見えたりという方も多いと思いますが、一重の人に比べて新しい線で癖付けするのが少し難しいかも。

 

古い線を消しつつ新しい線で二重にまぶたが折れ込むようにしないといけないので、今ある線を消し去るのが大変なんですね。

 

私も奥二重だったようで(当時は一重と思い込んでいました)目頭に古いラインが残っています。

 

なので、奥二重の方は、少しだけ幅を広げる程度で癖付けした方がいいかと思います。

 

黒目の上あたりの幅を広げると、だいぶ印象が変わり、目が大きく見えると思うので、癖付けする際は元々の線の少し上あたり、中央部分をおさえるといいかと思います。

 

今のラインを消すにも新しいラインを作るにしてもまぶたを柔らかくして、癖になっている皮膚や脂肪などを解きほぐしていかないと今あるラインも消えませんし、新しいラインが作れません。

 

手っ取り早いのが、まぶたを整えてくれる美容成分の入った夜用アイプチで、目頭ではなく黒目の上あたりの今あるラインを塗りつぶしながら少し上あたりまで塗って接着させてしまう方法です。

 

少し根気がいりますし、難しいと感じるかもしれませんが、チャレンジしてみてくださいね。

 

幅が広がれば末広二重になって可愛らしい印象になれます。

基本的な癖付けの仕方

 

幅広くとりすぎると、かえって不自然になってしまったり、逆に目が小さく見えたりしてしまいます。

 

ぱっちり二重にしたいという強い思いから、どうしても幅広に取ってしまいがちですが、まずは自然な二重幅を目指してみてください。

 

やり方としては、二重の癖付け美容液を薄く塗り、少し乾かします。(種類によっては乾かさずにそのまま接着します)

 

触ってもペタペタとしなくなったら、プッシャーで目頭あたりからおさえます。

 

目に力を入れて、線が入りやすいようにします。

 

そのあと、中央→目尻にかけてプッシャーでおさえていきます。

 

目尻では、プッシャーを寝かせておさえ、全体のバランスを確認します。

 

日中だと、人と話したり笑ったりするとアイプチが取れやすくなってしまうので、夜寝る前に二重を作って寝るのがおすすめです。

 

最初は慣れないので上手く行かないことも多いでしょうけど、根気よく自分に合った二重幅を探してみてくださいね。

 

癖付けは夜用アイプチを使うことで早く簡単に癖付けができますよ。

 

評判の良い夜用アイプチはこちら↓

夜用アイプチ人気ランキングTOP5!癖が付きやすいと評判の良いのは?悩み別おすすめも掲載
1日でも早く理想の本物二重になりたい! 自力二重の決定版ともいわれる夜用アイプチは、自力で二重を目指す方にとって必需品と言っても過言ではないほど、便利な癖付けアイテムですね。 塗って二重を作って寝るだけで本物二重...