夜用アイプチのリスク

自力で二重になりたい人に人気の夜用アイプチ。

 

塗って二重を作って寝るだけでの癖付けができます。

 

そんな手軽さから人気なっていますが、リスクってないのかな・・・って心配になっている方もいるようですね。

夜用アイプチのリスク

夜用アイプチにリスクはあるのか?

 

と言われれば、あります!

 

どんなリスクかと言えば、「まぶたのかぶれや腫れ、たるみ」「二重になれない場合もある」などのリスクがあります。

まぶたかぶれや腫れ

夜用アイプチはメイク用のアイプチより肌に優しく作られていますが、人によっては成分にかぶれをおこしたり、アレルギーで腫れる場合もあるようです。

 

アレルギーをお持ちなら、成分に注意してみてください。

 

また、元々のかぶれが完全に治っていないのに使はいじめると、かぶれや腫れが再発します。

 

そのような場合は、かぶれが完全に治るまで使わ無いほうが無難です。

 

いくら肌に優しいと言われる夜用アイプチでも、落とすときに乱暴に扱っていると肌に負担がかかって肌荒れを起こします。

 

そうならないように、優しく扱うようにしてみてくださいね。

まぶたのたるみ

 

夜用アイプチは、まぶた同士を接着して二重ラインの癖を付けていきます。

 

「毎日同じ場所を癖付けする」「肌を欲張らない」など気をつけないと、まぶたが無駄に伸びてしまうことがあるようです。

 

引き締め効果の成分を配合している夜用アイプチが多いのでそんなに心配はいらないと思いますが、まぶたは薄くデリケートですので扱いには充分気を付ける必要がありますね。

 

夜用アイプチは基本肌に優しいですが、扱いに気を付けないとまぶたの老化を招くので気を付けたいですね。

二重になれない

夜用アイプチは二重の癖付けが一番しやすいアイテムですが、なかには頑張っても二重になれない方もいるようです。

 

「飽き症」で続かない、などの理由で続けられない人の方が多いようですが、なかには癖付けでは二重になれない人もいるようです。

 

頑張って半年以上続けても二重になれないなら、美容整形も視野に入れるのが良いかもしれません。

リスクもあるけど

そのようなリスクもありますが夜用アイプチで癖付けするのは、自力で二重になる方法としては一番簡単で二重になりやすい方法です。

 

リスクを軽減するためには、自分に合った夜用アイプチを使うことや扱いに気を付けてチャレンジすることをおすすめします。

 

また、癖付けで二重になれるまでの期間には個人差があります。

 

肌トラブルが無ければ、半年間は継続してみる事をおすすめします。

 

人気の夜用アイプチはこちら↓

夜用アイプチランキング♪早く癖がつくと大人気なのはどれ?
1日でも早く理想の本物二重になりたい! 自力二重の決定版ともいわれる夜用アイプチは、自力で二重を目指す方にとって必需品...