アイプチが1日もたない・・・もっと持続させたい | 二重まぶた

アイプチが1日もたない・・・もっと持続させたい

どんなアイプチを使ってももちが悪い・・・

もっと持続させるにはどうすればいい?

アイプチの持ちが悪いのは、もしかしたら、まぶたに厚みがあるために、接着してもまぶたが離れようとする力の方が強くて取れやすいのかも。

とりあえずは、取れにくくするには、アイプチを塗る前に、ふき取り化粧水などで、しっかりまぶたを拭いて、汗や皮脂をしっかり取って置くと接着が取れにくくなりますよ。

あと、2度付け。

1回目は普通にアイプチをして、その上からもう一度アイプチを塗って補強すると強くはなります。

ただ、この方法はかなりまぶたに負担がかかるのでおすすめできません。

どうしてもと言うときだけ使ってくださいね。

もっと持続させるには

夜寝ている間に二重の癖付けをすると、二重ラインがハッキリしてくるので、昼間の二重が持続させれるようになります。

また、それによって朝の二重作りがとても楽になりますよ。

夜は、癖付の付き易い時間帯なんので夜に二重ラインを癖付けます。

どうして癖が付き易いかというと、夜寝ている間は目をつむっていてほとんど動かさないでしょう。

動かさないほうが癖が付き易いんですね。

それと、夜は細胞が活性化する時間で、肌を修復したり入れ替えたりしています。

この時間帯に折り込まれる場所を肌に覚えてもらう事で取れにくくなります。

逆に言うと、昼間の二重は夜にリセットとされるから癖になりずらいんですね。

なので、昼間の二重を作りやすいようにするのであれば、夜の癖付けをおすすめします。

癖付けに使うアイテム

夜の癖付けに使うアイテムは、「夜用アイプチ」が最適です。

夜用アイプチは癖が付き易いように瞼を整えてくれる成分やむくみや腫れから肌を守ってくれる成分が入っているからです。

普段、メイクに使っているアイプチにはこういった成分は入っていないので代用するとかぶれや腫れがおこって、癖どころではなくなる場合も。

メイクもできなくなってしまっては困りますものね。

※大丈夫な人もいるようですが癖は付きにくいです。

夜用アイプチはメイクにも使えるので、便利ですよ。

続けることで、二重が作りやすくなるだけでなく、二重を作らなくても良くなる日くる可能性が高くなります。

そうなれば、「アイプチが上手くできない・・・」とか「二重が長持ちしない・・・」などと悩むこともなくなりますね。

夜に二重を作って寝る事を繰り返すだけ、とっても簡単です。

癖が定着すれば本物二重になれるのでチャレンジしてみてくださいね。

人気の夜用アイプチはこちら↓

1日でも早く理想の本物二重になりたい! 自力二重の決定版ともいわれる夜用アイプチは、自力で二重を目指す方にとって必需品と言って...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする