まぶたのむくみを解消すると一重から二重になれる!?

 

まぶたのむくみを解消すると二重まぶたになれると言われていますね。

 

では裏を返せばむくみが取れないと絶対に二重になれないのでしょうか。

 

私の経験上、まぶたのむくみを取ったほうが二重にはなりやすいけど、むくみを取るだけでは二重になれないと思います。

 

むくみを解消しつつ、二重ライン折込の癖をつける事によって二重になれるんですね。

二重ライン折込の癖をつけるやり方は

 

まぶたのむくみもスッキリさせつつ、折り込みグセをつける。

 

ただ、それだけです。

 

私自身は、まぶたをスッキリさせるよりも、折り込みグセを付ける事で二重になっていますのでそう思うんですね。

 

ただ、まぶたのむくみが頻繁に起こったりひどい場合は、せっかくできた二重ラインを消してしまう事もあるので、まぶたをスッキリさせながら癖付けをすると良いとのではないかなと思います。

まぶたのむくみを解消させるには

 

まぶたのむくみは、まぶたに溜まった老廃物や余分な水分が原因で目が腫れているんですね。

 

この老廃物や余分な水分を排除するにはリンパの流れを良くしてやることが一番です。

 

リンパの流れは血行を改善してあげることで良くなります。

 

その主な方法は、「温冷パック」「ツボ押し」「筋トレ」です。

温冷パック

濡れタオルを2枚用意します。

 

1枚は、電子レンジで温めて使います。

 

もう1枚は、冷蔵庫で冷やしておきます。

 

電子レンジで温めたタオルをやけどしない温度になったら顔に乗せて(目を中心に)温めます。

 

冷めてきたら、今度は冷蔵庫で冷やしておいたタオルを顔に乗せ(目を中心に)冷やします。

 

コレを3~5回繰り返します。

ツボ押し

 

ツボ押し、目の周りの骨の内側にあるツボや眉にあるツボを押して刺激して血行促進することでむくみを解消していきます。

 

1、晴明(せいめい)・・・目の疲れを改善し、 目の働きをアップ

2、攅竹(さんちく)・・・まぶたのむくみ解消や 眼病予防にも効果的

3、魚腰(ぎょよう)・・・まぶたのむくみ、目元のシワ、ハリ

4、絲竹空(しちくくう)・・・「目の疲れ」「頭痛」に効果があるツボ「たるみ」「シワ」「シミ」にも効果

5、承泣 (しょうきゅう)・・・「目の疲れ・充血」に効果的なツボ「 目の下のクマ」や「目の下のたるみ」にも有効

6、球後(きゅうご)・・・目元のシワ、たるみ解消. 気の 循環をスムーズ整えむくみを解消

7、瞳子りょう(どうしりょう)・・・疲れ目等に効果の期待できるツボ

ツボ押し参考動画

攅竹(さんちく)

攅竹(さんちく)というツボ

 

魚腰(ぎょよう)

上まぶたのたるみに効くツボ「魚腰」

筋トレ

まぶたを鍛えるトレーングの参考動画

瞼の脂肪を減らすエクササイズ【Q&A】

 

簡単ですね。

 

あと、こんなのもあります。

目のたるみのエクササイズ

 

「まぶたの脂肪を解消する方法」と「まぶたの脂肪を解消する方法」「まぶたのたるみ(ゆるみ)を解消する方法」「まぶたの引き締めの方法」はどれも同じになります。

 

それは、まぶたの血行を改善することでまぶたの要らない老廃物や余分な水分を排除する事でむくみや脂肪を減らせると同時に新鮮な血液を送る事で肌の再生に必要な栄養が肌細胞に行き渡り、元気な肌に生まれ変わるサポートをしてくれるからです。

 

こういったことから、まぶただけではなく体全体の血行を良くすることが大切になるんですね

 

冷え性など体のめぐりが悪いようなら食生活などの生活習慣も見直す事をおすすめします。