アイプチでかぶれたらワセリンで治る?

ワセリン

ワセリン

 

アイプチでかぶれてしまった!

 

早く治したい・・・ワセリンで治るって聞いたけど本当かな?

 

アイプチでかぶれてしまうと目元が赤くなったり腫れたりして恥ずかしいので早く治したいですね。

 

ここではワセリンでまぶたのかぶれが治るのか?

 

そしてどうしてそうなるのか説明しています。

 

ワセリンで治る?

 

ワセリンは無添加(純度の高い白色ワセリン)なので肌に刺激も無いので肌の弱い人に重宝されている保湿剤です。

 

あくまでもただの保湿剤で薬ではありませんので、アイプチでかぶれたまぶたは「治りません」。

 

 

ただ、保護する作用によって「湿潤療法」効果が得られの傷の直りが早くなる可能性は高いです。

 

湿潤療法とは?

 

肌の傷を治す方法として、乾かさないで利用する湿潤療法(モイストヒーリング)という治療法があります。

 

 

傷の場所からしみ出てくる滲出(しんしゅつ)液には、細胞を活性化させる細胞が含まれているので、乾かさないで利用する治療法です。

 

キズパワー〇ットとかと同じ原理です。

 

純度の高いワセリンは無害で保護効果があるので、肌が露出しないように塗っておくことで、湿潤療法(モイストヒーリング)と同じような効果が得られます。

 

ねばりっけのある軟膏タイプのテクスチャーで、しっかりと肌を包んで肌を乾かさいならかです。

 

この方法は、ナノコロイドの絆創膏で傷を早く治す方法と同じような感じになります。

 

湿潤療法のやり方

 

やり方は簡単です。

 

かぶれてしまった場所を水道の水で洗って、清潔にしてから肌が露出しないようワセリンをたっぷり目に塗って保護します。

 

消毒はしません。

 

消毒をすると、傷を治してくれる良い菌が死んでしまうからです。

 

この状態を新しい皮膚ができてくるまで続けます。

 

湿潤療法は、何もしないより早く治り傷跡も残りにくい治療法です。

 

だた、じくじくしたかぶれなど、ひどい場合は、むやみにワセリンでふたをすることによって雑菌の温床になってしまい悪化する可能性もあります。

 

1日でも早く直すためにもちゃんと病院で診てもらうようにするほうがよいので注意してくださいね。

 

洗顔はどうする?

 

ワセリンを使って肌を保護して時の洗顔は、目元は無理に洗わなくても良いです。

 

かぶれてしまっている肌は、肌バリアが壊れているので洗顔料も良くないです。

 

洗顔は目元を避けてしてくださいね。

 

塗ってあいるワセリンが取れたら、塗り足すようにしてください。

 

あとそれと、かなりベタベタするけど、そこは気にしないように・・・早治すためですので我慢してくださいね。

 

「アイプチでかぶれたらワセリンで治る?」まとめ

 

ワセリンでまぶたのかぶれは治りませんが、ワセリンをたっぷり塗ることによって湿潤療法(モイストヒーリング)と同じような効果が得られることによって結果的には治る期間を短くし、きれいに傷を治すことになります。

 

純度の高いワセリン(白色ワセリンやプロペト)は、無害なので肌の保護に最適です。

 

ご自身のかぶれの具合にもよりますが、保護した方が良いと思ったら試してみるのもよいと思います。

 

ワセリンは肌荒れ時の保湿やピアスホールのかぶれ防止などにも使えるので1つ持っておくと便利かもしれませんね。

 

あと注意ですが、かぶれが完全に治るまではアイプチはやめておいてくださいね。

 

治らないうちにアイプチをしているとかぶれが悪化したり、短いスパンで繰り返したりします。

 

そうなると、アイプチができなくなるばかりか二重にしづらくなることもあります。

 

アイプチでまぶたが伸びる!なぜ?噂はホント?
アイプチをしていると瞼が伸びるって聞いたけどなぜ? 噂は本当なのかな・・・本当だったら怖くてアイプチなんかできない! ...

 

そうならないように、しっかり治してくださいね。