二重の癖付けが失敗するホントの理由 | 二重まぶた

二重の癖付けが失敗するホントの理由

最近は簡単にスマホからでもたくさん情報が見れるので、クセ付けの方法をあれこれと見ては試されているのではないでしょうか?

それなのに、クセ付けを失敗する人が多いのは何でだろう・・・

二重まぶたの仕組みから関係する失敗する理由や、やり方から失敗する理由を調べてました。

まずは、仕組みから

本来の二重まぶたの仕組みと後天的二重まぶたの仕組み


出展:asahi.com

二重まぶたの仕組みはまぶたににある筋肉が枝分かれしていてその先の片一方がマツゲのほうに、もう片方がまぶた表面に向けて生えていてまぶたを開けると同時に引き込まれる筋肉と一緒にまぶた側の皮膚もひっぱられ折り込んでいくというのが一般的説明ですね。

この説は、医学的にも証明されているので、正しいのでしょう。

なので、一重の人はこの枝分かれした筋肉が無いので後天的には二重になれないと説明されます。

でも・・・

この説明だとまぶたの形は変えられないことになりますし、しかも、後天的に二重まぶたになった人はこの筋肉が生えてきた?ん?って事にもなりますよね。

では、後天的に二重まぶたになった人は否定されますよね。

天然の人は、上記のような、筋肉の作用で二重なのかも知れないですが・・・

マッサージやトレーニングだけでは二重になれない?

後天的に二重まぶたになる(なった)場合は、何らかの理由(故意も含む)で「まぶたの皮膚にゆとりができて上手く折り込まれるようになった」んではないかと思います。

目を開けばまぶたが所定の場所に収まる天然二重と同じ感で。

なので、マッサージでクセを付けるとか、トレーニングではクセ付けまでは根気が要りますよね。

また、自然に折り込めるくらいまぶたを伸ばさないといけないので伸ばしすぎる可能性もありますね。

マッサージやトレーニングはあくまでも、二重まぶたなりやすいまぶたになるための土台作りと思ってやるのがいいかなと。

いかがでしょうか?

マッサージやトレーニングで二重のクセ付に失敗した人はちょっと納得できるのではないでしょうか。

私自身もマッサージより、ライン付けに重点を置いて二重になったものですから。

癖付け付けを成功さすには

まぶたをスッキリさせながら同時進行でガッツリ固定することが成功の秘訣です。

今までもお話したように、二重まぶたのクセ付けを失敗している人は「マッサージだけ」でなんとかしようとしたり、まぶたつくりを飛ばして「クセ付けだけ」しようとしたりしていたのではないでしょうか。

もちろん、例外もあるかもしれませんが、後天的に二重まぶたになるためには「二重になれるまぶたを作り」ことと「折り込みグセ(ライン)を作って定着させていく」

この両方の作業が必要です。

二重の癖付けを簡単に

二重の癖付けを成功させたいなら癖付け用の「二重クセ付け美容液」で癖付けするのが一番簡単で確実です。

これで二重になれないならあきらめて!と言われるくらい成功者が多いのも特徴です。

自力二重を頑張っているなら試してみる価値ありますよ。

評判の良い二重クセ付け美容液はこちら↓

肌に優しいまぶたに負担の少ない二重コスメを使いたい・・・ 美容効果が高くて癖が付き易い二重コスメで癖付けしたい・・・ ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする