アイプチで二重の癖付けするなら夜がいいの? | 二重まぶた

アイプチで二重の癖付けするなら夜がいいの?

アイプチで二重のクセ付けするなら夜がいいのかな?

本当に癖付けできるのかな?

そう思っているなら、アイプチでの二重の癖付けは、迷わず夜にするほうが効率がいいです。

夜が癖付けに向いている理由

昼間はまばたきを1日で1万5千回以上もしていますし、色々な表情をする時もまぶたは動いていますよね。

それが、クセ付けの妨げとなる原因に。

一方、夜寝ている時は、瞬きはしませんね。

なので、ほとんどまぶたを動かさないので、クセ付けに向いていると言う事になります。

また、夜は体の細胞が集中的に回復したり、循環したりする時間なので生まれ変わる皮膚に二重ラインの形を覚えさせる絶好のチャンスというわけです。

しかも、無意識なのでジックリ付け出来ますよね。

短期間で本物の二重を目指すなら夜の癖付けはとても効率的です。

二重のクセ付けは早く始めたほうが有利です。

自然の摂理なので仕方が無い部分もありますが、年をとるごとにまぶたの皮膚も老化していきます。

老化していくということは、まぶたの皮膚も徐々にたるんできます。

たるんだまぶたはクセが付きにくくなります。

そうならないうちに、癖を付けてしまう方が賢いですね。

また、長年のアイプチの使用は、通常よりまぶたがたるむ可能性が高いので早めに二重のクセをつけてしまいましょう。

そうすれば、まぶたが伸びたりたるんだりする心配もなくなりますね。

メイクに使っているアイプチは使ってはダメ!

1日でも早く二重の癖が付けられるようにしたいなら、メイクに使っているプチプラのアイプチは使わないようにして下さいね。

もしかしたら経験してしまっているかも知れないけど、夜にメイク用のアイプチを使うと、まぶたがかぶれたり腫れたりして大変なことになる場合が多いんです。

それは、夜に使ってはいけない成分がたくさん入っているからです。

かぶれまでいかなくてもぼってりと腫れぼったくなる事は良くあるようです。

また、かぶれや腫れにつながって癖付けどころではなくなりますので。

癖付けは専用の二重コスメで!

アイプチでよるに癖付けるには、同じアイプチでも「夜用アイプチ」をおすすめします。

メイク用のアイプチでは、まぶたがかぶれたり腫れたりする事が多いので癖付けには向きません。

また、癖が付きやすいようになるような成分も入っていないので癖も付きにくくてデメリットが多いです。

夜用アイプチは、メイク用のアイプチとは違って美容成分と保湿成分がふんだんに入っていて肌に優しく、癖が付きやすい成分で作られています。

また、癖付け専用ではありますが、充分な接着力もあるのでメイクにも使えて便利です。

夜寝ている間は瞬きの少なく記憶が残りやすいので、癖付けするなら夜寝ている間が一番。

でも、メイク用のアイプチを使っていると癖が付きにくいばかりか、まぶたがかぶれたり腫れたりしてしまうことも。

繰り返すと瞼の早期老化につながります。

早く綺麗に癖付けるなら、癖付け専用の夜用アイプチを使って理想の二重を手に入れてくださいね。

人気の夜用アイプチはこちら↓

1日でも早く理想の本物二重になりたい! 自力二重の決定版ともいわれる夜用アイプチは、自力で二重を目指す方にとって必需品と言って...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする