まぶたの脂肪を自分で減らす5つの方法

スッキリした目元になりたい!

 

まぶたの脂肪を自力で減らす方法はないのかな?

 

まぶたに脂肪が沢山付いていると、目が細く見えて印象が悪いんですよね。

 

暗い、怖い、目つき悪いの三拍子。

 

私も昔は腫れぼったい奥二重だったのでよくわかります。

 

「ブス!」「腫れ目!」とかって、男の子からよくからかわれたり、女子からは「目つき悪い~」とか言われて怖がられたりしましたので。

 

どうしても自力でまぶたの脂肪を減らすには努力はつき物です。

 

方法を3つ後紹介しますのでやってみてくださいね。

 

まぶたをスッキリさせて、さらに二重になりたい人は、まぶたがスッキリしてくると二重になりやすいので頑張ってみて下さいね。

まぶたの脂肪を減らすには

まぶたの脂肪を減らすには体の皮下脂肪を減らすのと同じで、とにかく代謝を上げて流す。

 

これに尽きますね。

 

では、代謝を上げて流す方法を5つほど紹介しますので色々やってみて下さいね。

水分を取る

 

水分はむくみにつながるので、あまり取らないようにしているかもしれませんが、逆につまりの原因になっている可能性もあります。

 

※むくみは筋肉量が少ないから起こるので水分を取らないと代謝が悪くなりますので日中は、できるだけ水分を取るようにしてみてください。

 

できれば、常温のミネラルウォーターやアルカリイオン水がいいですね。

 

流れが良くなります。

 

特にアルカリイオン水は脂肪を分解する働きもあると言うので試してみたいですね。

 

寝る前にもコップ1杯だけ飲んでから寝るのもいいと言われていますのでやってみてくださいね。

ホット&クールタオル

 

もうご存知でやってらっしゃる方も多いのではないかと思いますが、タオルを塗らして電子レンジでチンして温めそのタオルを目に乗せてまぶたを温める方法です。

 

冷めてきたら外して今度は塗らして冷蔵庫で冷やしたタオルを目の上に置く。

 

この肯定を1日3回ほど繰り返す。

 

と言う方法です。

 

血管が膨張したり、収縮したりすることで血行が良くなり代謝が上がります。

 

ここで注意ですが、目だけに乗せるのではなくで目を中心に広めにタオルを乗せてみてください。

 

できれば顔全体が良いですね。

 

そうすることでもっと流れが良くなりますよ。

マッサージとツボ押し

 

マッサージは中指の腹で車のワイパーみたいに内から外へまぶたの脂肪を押し流すようにゆっくりとなでます。

 

直接まぶたを触るマッサージは、しすぎるとまぶたが伸びますので1日3回くらいでOKです。

 

ツボ押し、血行を更に良くするために目の周りの骨を押しながらぐるりとします。

 

目の上は外へ、目の下は内へ押していきましょう。

 

米神や髪の生え際も押すと効果的です。

 

そして流れてきた老廃物や水分が流れるように首筋のリンパも鎖骨までなでおろしてやりましょう。

肩回しやストレッチ

 

肩をまわしたりするのも良いですよ。

 

血行が良くなりますので流れてきた老廃物を更に外へ流してくれます。

 

目の疲れや肩こりも楽になりますね。

 

ストレッチは、眉の真ん中を中指で抑えて下まぶたを上に上げるようなイメージで目を閉じる方法や、思いっきり目をつぶってパッと開けるなどの方法もありますのでやってみてくださいね。

二重美容液を使ってみる

 

二重美容液は、二重になりたい人に向けて作られた美容液で、まぶたのむくみや脂肪を減らし、二重になりやすい柔らかいまぶたにするためのコスメです。

 

二重美容液には、「血行促進」、「脂肪分解」、「引き締め」などの美容成分や肌を若々しく保つための保湿成分や美肌成分で作られています。

 

ホット&クールタオルの後やマッサージの後に二重美容液を塗っておくとむくみ防止効果や脂肪分解効果が高まります。

 

特に夜に塗っておくと代謝が良くなりますので効果が高いですよ。

 

もちろん、今日明日にまぶたが薄くなるとは言いませんが、続けることでスッキリしたまぶたになれるので腫れぼったいまぶたの人や二重になりたい人、まぶたのケアをしたい人に人気です。

 

人気の二重美容液はこちら↓

二重美容液ランキング♪悩みを解消して二重になりやすいまぶたに
まぶたの脂肪やむくみを解消したい・・・ 二重になりやすい柔らかいまぶたにしたい・・・ まぶたがたるんだり...