加齢で自然に二重になった人ってどうしてなれたの?

自力二重

加齢で自然に二重になる人って、どうして二重になれたたんだろう?自分もなれるかな。

 

10代の時はいくらアイプチをしても、マッサージを頑張っても二重になる気配すら、全くなかった人でも20才を超え年を重ねると自然に二重になったという人も中にはいますね。

20才を超えて自然に二重になれた人の特徴

20才を超えて自然に二重になれた人の特徴として、社会人になって、お化粧をするようになってから二重になった人が多いようです。

 

「キープ力の高いマスカラや付けまつ毛をメイクで使っていたら二重になった」

 

「まつ毛美容液で手入れしていてまつ毛が伸びたら二重になった」

 

「まつ毛パーマをかけたら二重になった」

 

「つけまつがをずっとしていたら二重になった」

 

「マツエクで自まつ毛も持ち上げられてそのおかげで瞼も上がり二重になった」

 

「アイプチなどの二重コスメで二重になった」

 

など、メイクをすることによって二重になった人が多いようですね。

 

でも、最近では学生でもガッツリメイクする人も増えているので、メイクで二重になれるともかぎりませんね。

まぶたの脂肪が落ちる

また、年と共にまぶたの脂肪が自然に落ちて気が付いたら二重になったという人もいます。

 

じゃあどんな人が自然にまぶたが痩せるの?というと

 

まぶたの脂肪が年と共に減る人の特徴は、親御さんの瞼を見れば見当が付きます。

 

お父さんか、お母さんどちらかに似ていると思いますが(祖父母に似ている場合もありますが)似ている親族(親、祖父母)のマブタを見て瞼が痩せていたら将来まぶたが痩せる可能性は高いです。

 

必ずとは言いませんが、高確率でまぶたは痩せてきます。

 

ただ、まぶたが痩せたから二重になるかどうは別問題で、痩せるだけで二重にならない人も中にはいらっしゃるようなので、その場合も親族(親、祖父母)に話を聞いてみるか、若いときの写真を見せてもらうと判りやすいかもしれませんね。

 

例えば、私の場合は、両親とも若いときは腫れぼったい一重(写真で見たらそう見えたのですがもしかしたら腫れぼったい奥二重だったのかも)ですが、年を重ねると確かに瞼が痩せて父親はハッキリした奥二重、母親は二重になっていました。

 

ここから見ると、私は父親に似ていますので若いときは腫れぼったい一重か奥二重で、年を重ねると自然にまぶたが痩せ、はっきりした奥二重になれると推測できます。

 

実際には若い特は超腫れぼったい一重と見間違えるほどの奥二重でしたが、加齢でどんどんまぶたが痩せて、疲れると奥目になるので今では脂肪を足したいくらいです。

 

ですが、やっぱり勝手に二重になったのではなく、癖付けしたして二重になりました。

 

メイクしてたら二重になった、加齢ととともに脂肪が落ちて二重になったなど自然に二重になる人もいますが、加齢で自然に二重になるのを待っていたら、それこそ良い時(モテたい時)を逃すので、やっぱり早めに努力して二重になったほうがいいかもしれませんね。

簡単に自力二重を目指すなら

自力で二重を目指す方法としては「マッサージ」「なぞり」などがありますが、簡単ではありませんし、まぶたをこすったりするせいで、まぶたが傷んでしまう可能性もあるのでおすすめできません。

 

簡単で危険が少ないのが夜の癖付けです。

 

二重の癖付けを寝ている間にする方法です。

 

やり方は簡単で、「夜用アイプチ」を塗って二重を作って寝るだけです。

 

夜用アイプチは、二重になりやすいように瞼を整えながら接着することで簡単に二重の癖付けができます。

 

今一番人気のある癖付け方法です。

 

簡単に理想の二重まぶたを手に入れたい!と思っているなら試してみる価値はありますね。

 

人気の夜用アイプチはこちら↓

夜用アイプチ人気ランキングTOP5!癖が付きやすいと評判の良いのは?悩み別おすすめも掲載
1日でも早く理想の本物二重になりたい! 自力二重の決定版ともいわれる夜用アイプチは、自力で二重を目指す方にとって必需品と言っても過言ではないほど、便利な癖付けアイテムですね。 塗って二重を作って寝るだけで本物二重...

 

年を重ねるのを待つと自然に二重になるかもしれませんが、できれば今を楽しみたいですよね。

 

また、年を重ねると肌が衰えるので理想の二重になれるとは限りません。

 

肌がきれいな今のうちに二重になっておくことをおすすめします。