アイプチの夜用と昼間用との違いは?

 

アイプチで癖付けするなら夜用が良くて昼間用のアイプチは使っちゃダメ!って聞くけど、どう違うのかな?

 

また、逆に夜用のアイプチは昼間に使っちゃダメ?

 

最近いろんな種類のアイプチがあるので何をつかえばいいのか迷っちゃいますよね。

 

でも、結論から言えば、夜に癖付けをしたい場合は、やっぱり癖く付け専用の「夜用アイプチ」を使う方がいいです。

 

理由は、昼間用のアイプチとは成分が違うから。

昼間用のアイプチの成分

 

昼間用のアイプチは接着するだけが目的なので、癖が付きやすくするための成分や肌を痛めないようにする成分が入っていないんですね。

 

※肌を痛めないようにする成分は少し入っているものもあります。

 

肌に良い成分や癖が付き易くなる成分が入ってい無い理由は、コストが高くつくためと接着力が劣るからです。

 

いくら肌に優しくても、二重がきれいに作れなくなるばかりか高くなったら売れないので入れていないんですね。

 

なので、夜の癖付けに、昼間用を使うとまぶたが荒れるんですね。

 

接着成分も違うので癖付けに昼間用を使うと取れやすいとも聞きます。

夜用のアイプチの成分

 

夜用のアイプチは、美容成分や保湿がメインなんです。

 

なので「夜用アイプチ」と言われるほかに「二重癖付け用美容液」などと言われていますね。

 

それだけ美容成分や保湿成分尾配合が多く美容液に近いってことです。

 

しかも特殊な製法で肌に優しい接着成分を配合しているので接着力もあります。

 

夜用のアイプチは二重の癖を付けて定着させていくのが目的なので、接着だけでなくて、まぶたを二重にしやすいようにするための美容成分や肌を痛めないために保湿成分が沢山入っています。

 

なので、まぶたを痛めず癖が付くんですね。

 

夜に癖付けするなら、まぶたのためにも早く癖をつけるためにも、ちゃんと夜用のアイプチを使って下さいね。

夜用のアイプチを昼に使っても問題ない?

 

夜用のアイプチは昼間のメイクもOKです。

 

夜の癖付けで昼間の二重を作らなくても良くなるまでは昼間のメイクに使っても問題ないです。

 

逆に昼間用のアイプチと違って、夜に使っても肌が荒れないほど肌に優しいアイプチなので昼間にも使うと肌が荒れなくていいです。

 

ちょっとややこしいけど、癖付けをしたいなら「昼間用のアイプチを夜に併用するのではなくて夜用を買って昼間と併用する」とまぶたに負担が少なくて良いです。

 

「アイプチの夜用と昼間用との違いは?」のまとめ

 

昼間用のアイプチと夜用のアイプチは、配合されている成分が全く違います。

 

メイク(作る)だけで、肌にトラブルもないなら昼間用を、癖付けもしたいなら夜用のアイプチを使うと良いです。

 

夜用のアイプチの方が肌にも優しいし、兼用できて便利だとは思います。

 

評判の良い夜用アイプチはこちら>>