アイプチで炎症がおきる原因と対策 | 二重まぶた

アイプチで炎症がおきる原因と対策

アイプチをしていたら瞼が炎症おこした!

二重瞼を作るには欠かせないアイテムなんだけど・・・

なんでアイプチをしたら瞼が痒くなったり、荒れたりするんだろう?

原因はなんなのかしら・・・

一度でもアイプチで瞼が炎症を起こしたことのある人は、疑問に思ったかもしれませんね。

しかし、アイプチでの炎症はかなり深刻、放っておくと取り返しのつかないことになるので要注意です!

アイプチで炎症をおこす原因の多くは接着剤による炎症がおおいんですよ。

アイプチの炎症は接着成分

アイプチには接着成分である「ゴムラテックス」「シリコンゴム」「アクリル粘着剤」などの粘着剤が入っているのでくっつくんですよね。(折込式はほぼゴムラテックス)

でも皮肉なことに、この接着成分で炎症をおこす人が多いようです。

特によく炎症を起こすと聞くのが、絆創膏の粘着剤と同じ成分の「ゴムラテックス」という成分で接着タイプのアイプチはこの成分で粘着させていることが多いようです。

この接着成分でアレルギー反応を起こして炎症をおこして、痒くなったり赤く腫れ上がったりするんです。

傷をして絆創膏を貼っていたら痒くなった経験ありませんか?

ゴム手袋を履いて痒くなったり、絆創膏ですぐにかぶれる方は「ゴムラテックス」が入ったアイプチは使わないほうがいいですね。

もうすでに、「ゴムラテックス」にアレルギー反応を示しているんですから、直接肌に塗るなんて事をしたら、結果は明白です。

まぶたは、厚さがなんと0.2ミリほどしかなく、他の部分の皮膚に比べてとてもデリケートなんです。

そんなまぶたにアレルギーの原因でもある成分を一日中塗りつけているんですから、炎症を起こすのも無理ない話になります。

もちろん全ての人ではないですが、今までは大丈夫でもいつ炎症を起こすようになるか解らないのがアレルギーです。

もし、炎症を起こしたら早めに対処して、今後は同じ接着成分の二重コスメは使うのは止めておいたほうがいいですね。

そうしないと、一度治ってもまた同じものを使うと繰り返し炎症を起こすようになります。

繰り返し炎症を繰り返すと、「アイプチでまぶたが伸びる!なぜ?噂はホント?」でも書いているように、まぶたの老化が進んでしまい、若くてもまぶたが伸びていきます。

そうならないように、炎症が起こりやすい人は接着成分も選ばないといけないんですね。

炎症が起こりにくい接着成分

アイプチの接着成分で一番炎症を起こしにくいのは、コポリマーです。

コポリマーは、そもそも膜を作るための成分ですが、これを特殊加工して接着できるようにあいています。

なじみがある製品ではヘアスプレーとかにコポリマーが使われています。

コポリマーにもにも色々種類がありますが、その中でも肌に優しいものが使われています。

コポリマーが使われているアイプチ

コポリマーが使われているアイプチは、沢山あります。

でも肌が弱い人は、それだけでは不十分かも。

肌に優しい接着成分+美容成分や保湿成分も入っているアイプチがいいかもしれませんね。

そんな肌に優しいアイプチは、メイク用ではなく「夜用アイプチ」です。

肌に優しい特殊加工のコポリマーを使用しているのはもちろん、美容成分や保湿成分がたっぷり入っているので、炎症を起こしにくいんです。

そもそも癖付けに使うアイプチですので、二重になりやすいまぶたに整えてくれる効果も高いので、作るだけでなく癖付けができるので便利です。(メイクにも使えます)

炎症が起こりやすいアイプチを使っているなら、肌に優しいアイプチに変えるのはもちろん、せっかく二重にするんだから、二重になってしまうアイプチが便利じゃないですか?

癖付けに成功すれば、二重を作ることが無くなりますので、まぶたの炎症に苦しめられなくなりますよね。

人気の夜用アイプチはこちら↓

夜用アイプチランキング♪早く本物二重になりたい
1日でも早く理想の本物二重になりたい! 自力二重の決定版ともいわれる夜用アイプチは、自力で二重を目指す方にとって必需品と言って...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする