まぶたをくっつけないアイプチのメリットは?

まぶたをくっつけないアイプチのメリットって何?

 

どうゆう風に良いのか知りたい!

 

まぶたをくっつけないアイプチのメリットは、簡単に言うと、「まぶたに負担が少ない」「自然に仕上がるのでバレにくい」のがいいところです。

くっつけないアイプチがまぶたに負担が少ないワケ

まぶたをくっつけないアイプチは、折込式のアイプチともいわれています。

 

まぶたをくっつけないアイプチは、ノリを最適な幅でまぶたに塗って乾かして壁を作ることによって、上の方のまぶたが折れ込んで二重に見せる方法です。

 

接着式のアイプチはまぶた同士を引っ付けるので、まぶたを閉じるたびに皮膚に負担がかかりますが引っ付けないアイプチは、まぶたを引っ張らないので肌に負担がかかりません。

 

ただ、くっつけない(折込式)アイプチは、成分にゴムラテックス(アレルギーを起こしやすい)が入っている事が多いので、ゴムラテックスでかぶれる人は注意が必要です。

 

また、アイプチを塗る範囲も接着式のアイプチより広くなるので逆に荒れやすくなる人もいるようです。

くっつけないアイプチが自然仕上がるワケ

自然に仕上がると言う評判は、製品にもよりますが、まぶたをくっつけないので目を閉じても自然で「引きつり」や「不自然」さがないと言うことです。

 

ですが、膜を作るので製品や使い方によっては、テカって見えたり、テカリを隠すために

厚いメイクになるという人もいます。

 

薄くつけるとふにゃっとなって二重になりにくい・・・

 

厚くするとテカって目立つ・・・など不便さはあるようです。

 

あと、腫れぼったいまぶたの人や、まぶたにハリがあり折り込みにくい人が使うと「塗っただけに見える・・・」など、キレイに二重にならないので使わないという人もいます。

 

また、接着式に比べ扱いが難しく慣れる(コツを掴む)までは使いづらいという人も多いです。

結局は・・・

くっつけないアイプチも星の数ほど種類がありますし、幅広のテープなんかもありますよね。

 

ですので、結局は色々なアイプチを買って試してみないと、どれが自分に合うのか使いやすいのかが分からないとは思います。

 

ちなみに、くっつけないアイプチの中で世間で人気が高いのは「ローヤルアイム」です。

 

ちょっとお値段は高めですがチャレンジしてみても良いかも。

くっつけないアイプチは二重になる?

くっつけないアイプチは便利そうだけど癖がついて二重になるのかな~?

 

だったらなお良いのに・・・

 

そう思いませんでしたか。

 

残念ですが、くっつけないアイプチは綺麗に二重を作れても二重の癖が付く可能性はかなり低いので、ずっと二重を作り続ける事になります。

本物のような自然な二重を目指すなら

二重を作りながら二重の癖付けもしたい!

 

そう思うなら、接着式のアイプチがいいです。

 

今はとても便利な「夜用アイプチ」というものがあります。

 

夜用アイプチは、肌に優しく二重になりやすいように、まぶたを整えながら強力な接着力で二重ラインを癖付けていきます。

 

しかも、メインに使うのは寝ている間なので誰にもバレずに自然な二重を手に入れることができます。

 

メイクでは、くっつけないアイプチをするにしても、癖付けしていると朝も二重が作りやすくメイクも楽になりますよ。

 

夜用アイプチは、肌に優しく薄付きで自然な仕上がりですのでメイクに使う事もできます。

 

二重作りに悩んでいるならおすすめです!

 

人気の夜用アイプチはこちら↓

夜用アイプチランキング♪早く癖がつくと大人気なのはどれ?
1日でも早く理想の本物二重になりたい! 自力二重の決定版ともいわれる夜用アイプチは、自力で二重を目指す方にとって必需品...