折込式のアイプチで自然な二重を作りたい!

自力二重

折込式のアイプチはまぶたに負担が少ないと人気ですね。

 

折込式で人気の製品は「ローヤルアイム」「アイプチリキッドテープ」などですね。

 

「ローヤルアイム」

「アイプチ リキッドテープN」

 

※両方ともゴムラテックスは入ってますのでゴムにアレルギーのある人は注意してくださいね。

折込式のアイプチを自然に仕上げるコツ

ローヤルアイム系はメイクをした後に使うようになっていますね。

 

通常は、アイプチをしてからメイクをすると、アイプチが取れやすかったり、アイメイクがよれて汚くなるのでメイクをする前にアイプチを使用するのもおすすめです。

 

しっかりと皮脂をオフしてからアイプチをします。

 

テカりが気になる場合は、上からパウダーやラメ等を軽く乗せると目立ちにくくなりますよ^^

こうすることで、アイプチを長持ちさせる効果もありますしきれいに仕上がります。

 

アイメイクの後にアイプチをするタイプのものはアイプチを失敗してしまうと、メイクからやり直しになっちゃうので大変ですよね。

 

メイク前だと失敗しても少しは楽ですね。

 

取ったり付けたりは肌を痛める原因にもなるので、しっかり練習して早く上手になりたいですね。

 

ただ、折り込み式のアイプチはゴムラテックスが使われているものがおおいので、直接肌に塗るようになるので、ゴムにアレルギーがある人やhだが弱い人は気を付けてくださいね。

腫れぼったいまぶたの人は折込式はやりにくい

腫れぼったいまぶたの人や皮膚にゆとりがない人にとっては、折込式のアイプチはキレイにできないのが難点です。

 

それは、まぶたが厚いためにキレイに皮膚が折り込めないからです。

 

皮膚にゆとりが無いために「上手くできない」「貼り付けているだけに見える」との声が多いですね。

 

使いたくたくても・・・って感じでしょうか。

まぶたが厚い人は夜の癖付けでメイクが楽に

 

まぶたが厚くて、メイクで二重が作りにくい人は、夜寝ている間に二重ラインの癖付けすると翌朝のメイクが楽になります。

 

夜は癖付けに適した時間帯で皮膚が形を覚えやすいのと、癖付け用の美容液はまぶたを整えながら固定できるので、毎晩続けることで徐々に二重ラインがハッキリしてきます。

 

続けることで朝二重を作らなくても二重の癖が持続するようになる可能性も高くなりますので一石二鳥です。

 

癖付けには、折り込み式のアイプチなどのメイク用ではなく癖付け専用の「夜用アイプチ」を使います。

 

 

夜用アイプチは、接着成分も特殊なものを使っていてメイク用のアイプチより肌に優しいのはもちろん、二重になりやすいまぶたにする美容成分が含まれているため、癖が付き易くなっていいます。

 

メイク用を代用するとかぶれたり腫れたりして、癖付けどころかメイクもできない状態になる事もありますので気を付けてくださいね。

 

根気よく続けることで本物二重も夢じゃなくなります。

 

二重がきれいに作れない!

 

自然なメイクを楽しみたい!

 

でも難しい事や面倒なことはできない!

 

と思っている方におすすめの方法です。

 

人気の夜用アイプチはこちら↓

夜用アイプチ人気ランキングTOP5!癖が付きやすいと評判の良いのは?悩み別おすすめも掲載
1日でも早く理想の本物二重になりたい! 自力二重の決定版ともいわれる夜用アイプチは、自力で二重を目指す方にとって必需品と言っても過言ではないほど、便利な癖付けアイテムですね。 塗って二重を作って寝るだけで本物二重...

コメント